【七草粥】春の七草を食べて無病息災を願う

本日、1月7日は七草粥ですね!

お正月の食べ過ぎで疲れた胃腸をいたわって、消化の良いお粥を食べて胃腸を休ませてあげたいですね。

子供が小さい時から、毎年七草粥を食べながら、家族皆んなで、春の七草の名前を暗唱していたのが懐かしいです。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほのけのざ♪ すずな、すずしろ!

最初はなかなか、覚えられなかったのですが、いまはスラスラ言えます!

春の七草

左から、

【せ り 】競争(せり)に勝つ

【な ず な 】なでて汚れを取り除く

【ごぎょう 】仏の体をあらわす

【はこべら】繁栄をあらわす

左から、

【ほとけのざ】仏の安座

【す ず な 】神を呼ぶための鈴

【すずしろ 】汚れのない清白をあらわす

七草粥

超簡単、我が家の作り方

1.鍋に水を入れて火にかける。

2.細切りした人参、いちょう切りしたすずな(カブ)とすずしろ(大根)をだしを入れて煮る。

3.ご飯をザルに入れ洗って、鍋に入れて煮る。

4.人参が柔らかくなったら、残りの七草を入れて煮る。塩と薄口醤油などで、味を調整する。(味はお好みで)

5.溶き卵を回しかけひと煮立ちさせて蓋をかぶせて火を止める。

◎彩りに人参を入れてます。

1月7日の七草粥を食べると万病を防ぐと言われております。

朝食べるのが、正式のようですが、我が家はいつも夜です(o^^o)

夕飯に頂き、今年一年間の無病息災を祈りたいと思います(^^)

コメントをお待ちしております♪こちらは公開されております。公開を望まれない時は、お申込みページからお願い致します!