【洗濯】羽毛布団を家で丸洗いしてみました♪

羽毛布団をすっきり丸洗いしたい

毎日使う羽毛布団、丸洗い出来たら、気持ちいいだろうなー!って思いませんか?

洗うとしたら、クリーニングとコインランドリ―どちらがいいのかな?

とまず迷ったのですが、調べているうちに、

実は、羽毛布団自宅の洗濯機でも洗えるってことがわかりました!

 

その前に、一般的な方法の

『クリーニング』と『コインランドリー』そして『浴槽で踏み洗い』を見てみましょう

羽毛掛け布団(シングル)を洗う方法と料金と掛かる期間(時間)

1、クリーニングの場合

 

羽毛掛け布団シングル

【ホワイト急便】

(店頭持ち込み)  持ち込みは、店舗の地域により価格が違うため平均価格です

料金: 1枚   4,196円(参考平均価格)

期間: 約 1週間(自社工場で洗う場合)

(宅配サービス)  料金: 1枚   6,800円(税抜)

期間: 約 3週間(注文から手元に戻るまで)

 

☆期間も料金も結構掛かりますね。

【シロヤ】

(宅配サービス)  料金 1枚   6,050円~

2、コインランドリーの場合

【洗い】 12キロ洗濯機使用時      30分   400円~600円

【乾燥】 14キロ洗濯機使用時    35分~40分  500円~600円

料金:1000円前後  時間:準備時間も入れて、1時間30

コツ:①洗濯後に羽毛の偏りを整えて乾燥機に入れる

②乾燥は10分おきに、3回ほど途中で止めてひっくり返す

③持ち帰ったら、熱を逃がすため広げて冷ます

 

☆コインランドリーは入れたら、終わるまで手間なしだと思っていましたが、ふわふわに仕上げるには、コツが要るみたいですね。

3、浴槽で踏み洗い

1、シャワーで表面の汚れを流す

2、浴槽に水を張り、洗剤溶かす

3、まんべんなく踏み洗い

4、すすぎ

5、浴槽の縁に掛けて水を抜く(約1時間掛けておく)

6、干す(2~3日)

 

☆重労働ですね…..。

 

改めて、他の洗い方を見てみましたが、どれも大変そうですね!

 

やっぱり、家で洗濯機で洗いたいですね。

 

本当に、家庭の洗濯機で羽毛布団は洗えるのか?!

私も、最初、洗濯機で洗って大丈夫なの??

と半信半疑でしたが調べてみると、

 洗濯機でもふわふわに仕上がるようだったので

思い切ってチャレンジしてみました。

(万が一の事を考えて、一番古い羽毛布団で試しました笑笑)

 

我が家で実際にやってみた、洗濯方法をご紹介致します。

【実録】家庭用洗濯機で羽毛布団を洗うポイント

①羽毛布団の取扱い絵表示をチェック

まずは、取扱い絵表示をチェック

絵表示に洗濯機マークや手洗いマークがついていれば家で洗えます。

水洗い不可マークがついていたら、残念ながら家で洗濯は出来ません。

クリーニングに出す事をお薦めします。

②布団の大きさをチェック

布団が洗濯機に入るか確認。

目安としては、洗濯機の7~8割に収まると洗えるそうです。

我が家の洗濯機の、8キロ洗いのように、7キロ以上あればシングル掛け布団1枚洗えるようです。

関連記事▶【家電】洗濯機は日立のビートウォッシュがオススメ!

③洗濯機の取扱い説明書を確認

取扱説明書の毛布コースなどのページを見ると、洗える布団の素材

洗える布団のサイズなども書いてありますので、確認してみましょう。

我が家の洗濯機は、羽毛も洗えて、シングルの掛布団は大丈夫であることが、確認出来安心しました。

注意:羽毛は洗濯機で洗えますが、羊毛は洗えないのでお気を付けください。

 

④布団を折り、くるくる巻く

折り方も、取扱説明書記載があります。

その通りに、折って洗濯機に入れます。

縦に半分に折り、

さらに半分に折り

ヘリとヘリを合わせるように折ります。

それから、くるくる巻いていきます。

 

⑤洗濯機に入れる

必ず、くるくる巻いた、合わせ目から入れる。

合わせ目が下面、折り目が上面になるようにする!

下図ご参照下さい

 

 

付属品のお洗濯キャップを装着

お洗濯キャップ⇩

 

普段は、洗濯機サイドにS字フックで掛けています

 

 

⑥スイッチを入れて、洗濯のコースを選ぶ

『毛布』コースを選択して、スタート

 

⑦洗剤を入れる

おしゃれ着洗い用の洗剤と柔軟剤を入れて蓋を閉めます。

洗濯~脱水まで自動で完了

59分で終わりました。

⑧干す

我が家は、完全室内干しなので、縁側に干します。

服を整理して余ったポールハンガー2つを使います。

干す時のポイントは、

◎干す前に羽毛が偏っていたら、整える

M字型に掛ける

◎数時間おきに、ポンポンと叩く

とふんわり仕上がります!

 

普段から、洗濯の乾燥に使っている扇風機を利用して風を当てます。

約2日で乾きましたが、念のため3日そのまま干しておきました。

こんな時も室内干しは安心です。

 

 

 

完全・室内干しにすると家事時短につながります

関連記事▶【洗濯を簡単に】 服の整理と室内干しで、家事楽・時短が叶う!!

 

無事に乾いたら、フカフカになっていました!!

まとめ

羽毛布団の洗濯方法は、他の方法と比べても

実は家で洗濯機で洗うのが

一番

お金も掛からず、

期間も掛からず

手間も掛からない

という事がわかりました~!!

しかも、上手にふかふかに仕上がります

皆さんも、羽毛布団の使い終わりまたは、使い始めの時期に

洗濯にチャレンジしてみてくださいね~(^^♪

コメントをお待ちしております♪