【大掃除】やる気がおきない方必見!すぐに大掃除を始めたくなるコツ!!

こんにちは!熊本の整理収納アドバイザーユミです。

今日から、12月!!早いですね。

12月といえば、クリスマスや冬休みにお正月が近くなってウキウキしますね♪

一方気が重くなるのが大掃除!

『大掃除、まだ全然手を付けていない』

『今年もお正月までには、間に合わない気がする~』

『大掃除、まったくやる気がでない』

と困っていませんか?

早く大掃除に取り掛からないと!!と分かっているのにやる気がでないのは、

以前に大掃除がうまくいかなかった経験からではないでしょうか。

✅張り切って始めたのに、思うように進まなかった

✅疲れ果てて、中途半端に終わってしまった

✅キレイにしたのに、すぐに汚れて元通りになりがっかりした

✅結局散らかったまま、お正月を迎えた

こんな経験があると、

『また、上手くいかないかも』

『今度こそは完璧にしないと』と

プレッシャーが掛かり、始める前から気力を消耗して余計にやる気が無くなってしまいますね。

でも、大丈夫!!

やる気が出るための、コツや方法を知ると、今年はすぐに大掃除が始められますよ。

この記事では

  • 大掃除が捗らなくてやる気がでない理由
  • すぐに大掃除が始めたくなるコツ      がわかります

【関連記事)

【大掃除】お風呂の浴槽エプロンとやらを初めて外して洗ってみました!!今年の大掃除は、出来たとこまででO・K♪ 


今まで、大掃除が捗らなかった理由

①掃除と片付けを同時にやろうとしているから

②計画なしに、いきなり思いつきで始めるから

③一日中頑張って掃除をしてしまうから

④完璧をめざしてしまうから

ひとつずつ見ていきましょう

大掃除捗らなかった理由

① 大片付けと大掃除を同時にしていたから

片づけと掃除は、同じ意味だと思っている方が多いのですが、実は違うんです。

それぞれの意味を確認してみましょう。

片付け(整理収納)は

  • 使っているか、使っていないか分けること
  • 使っていないもの、壊れているもの、ゴミなどの不用品を取り除くこと
  • 使いやすい場所に収納すること
  • 決まった置き場所に戻すこと

 

一方

掃除は

  • ホコリなどの汚れを取り除くこと
  • きれいにすること

なんです。

 

こうやって見てみると、全く別のことだとわかりますね。

 

ユミ

掃除と片づけを分けてやると捗りますよ

掃除の前に片付けよう

まずは片付けを終わらせてしまいましょう。

ゆっくり片付ける時間がない時は、

次のあきらかなゴミだけでも、OKです。

  • 古新聞・ダンボール
  • 読み終わった雑誌、本
  • 壊れている家電や鍋
  • 欠けた食器
  • 破れたり、毛玉だらけの衣類

まず、最初に不用品を処分し、床に置きっぱなしのモノを置き場所へ戻しましょう。

床にモノがないと、さっと掃除機を掛けられるため、格段に時短でラクになりますよ。

②いきなり思いつきで始めるから

張り切って始めたはずなのに、途中やる気が無くなって、年末になっても終わっていないってことはありませんか?

 

それは、目についたところから、いきなり始めてしまうから。

ものすごく分かります。私も元々そのタイプです。

 

でも、その時の思いつきで始めると、二度手間になったり、やってもやっても進んでいない気がして焦るんですよね。

それで、だんだん掃除が嫌になってしまったり、まだ日があるから余裕だと思って、後回しになってしまいがち。

結果、大晦日になっても終わっていないということに。

 

 

でも大丈夫!!解決策がありますよ!

大掃除の計画をたてよう

1.掃除したい場所を書き出してみましょう。

掃除をする場所が、どれくらいあるのか全体像を把握します。

私は、エクセルでリストを作っています。

1度作ると毎年、使えるので、便利です。


 

リストについてはこちらの記事で詳しく書いています↓
今年の大掃除を楽しくサクサク進めるための『大掃除〇〇〇』作りと家族も大掃除がしたくなっちゃう誘い方♪

2 書き出したら、リストを元に、計画をたててみましょう。

リストが出来たら、カレンダーやスケジュール帳を見ながら、予定を立てましょう。

このとき、予備日を設けるなど無理のない計画を立てることがポイントです。


リストアップしたりスケジュールを組むことで、

◎今どこまで進んでいるのか

◎あとどれくらい残っているのか

◎大掃除に使える日や時間がどれくらいあるのか

これらを目で見て確認出来ますので、安心できます。

また、終わったら、リストに日付を書き込んだり、線で消したりすると、達成感を得ることが出来ますので楽しくなってきます。

お子さんも一緒にされる時は、一覧表やカレンダーに、シールを貼ってもらうと喜ばれるのでおすすめです。

③一日中頑張って掃除をしてしまうから

一日で、全部終わらせようと無理をすると、辛くなります。

 

大掃除を最後まで、やり通す秘訣は『もうちょっとやりたいな~』というところで、やめてしまうことです。

すると、また続きをやりたくなるものなんです。

 

 

15~30分単位でやってみる

1コマ、15分。長くても、30分にすると、疲弊しません。

余裕があれば、もう1コマやってみるといいですね。

 

掃除は徹底的にやろうと思うときりがありません。

『楽しんで出来る範囲』『自分が掃除に当てられる時間内』でやってみると無理がないので、途中でやる気が無くなることを防ぎ、最後までやり遂げることが出来ると思います。

 

 

④完璧をめざしてしまうから

掃除や片づけを『早く始めなくちゃ』と思っていながら、取り掛かるまでにすごく時間が掛かってしまう方

いらっしゃいませんか?

始めたいのになかなかスタート出来ないという方は

『やるからには、きっちりキレイにしなくては!』という完璧を求める点が共通していると感じます。

 

✅汚れが一つもない状態までキレイにしなくては

✅洗剤はどれが一番効果があるんだろう。まず掃除道具を揃えなくては

✅すべての場所をお正月までに終わらせないと!

 

と完璧を目指して、自らハードルが上げてしまうので、余計に億劫になってしまい始められなくなるんです。

 

また、完璧を目指して掃除をすると、次に汚れた時に『あんなに頑張ったのに…』とがっかりしてやる気が無くなってしまうんですね。

 

でも、毎日使う場所だから、またすぐ汚れるものです。

完璧を目指ざすのを、試しにやめてみませんか。

完璧を目指さない

60点で上出来♪とハードルを下げると、軽やかに始められますよ。

 

それから、リストに書いた、全ての場所が終わらなくても、いいんです。

 

掃除以外のことも毎日やっているんですから、最初に何割できればOKなのか、ゆるめの基準を決めておきましょう。

 

出来なかったところは、他のシーズンに回しましょう。

大掃除は、12月にするものと思いがちですが、実は冬場は掃除に向いていません。

特に、油汚れの換気扇などは、暖かい時期の方が、汚れが緩むのでおすすめです。

また、冷たい水が体に掛かりがちなお風呂場なども、夏や、気候のよい快適な春や秋が最適です。

 

まとめ

大掃除を楽しく嫌にならずに進めるコツは

①掃除と片付けを同時にしない

  まず、不用品を片付けて、その後に掃除をすると簡単ではかどります

 

②リストと計画

  書き出して、ゆるめの計画をたててみよう

 

③一日中頑張らない

  1日15分~30分から始めましょう

  休憩とご褒美を忘れずに

 

④完璧を目指さない

  今年から、ゆる大掃除で

  冬場は掃除に不向き、快適な季節に回しましょう

 

さらに、掃除は運動だと思ってやるといいですよ。

1 大掃除がさくさく進んで

2 家が片付き、清潔になって

3 ジムに行かなくても、特別に時間を設けなくても、運動まで出来る

4 音楽やYou Tubeを聴きながらやると、楽しい時間になって

5 時間の節約や有効活用になる

など一石五鳥の効果もあります。

 

掃除を家事だと思うと、

『腕が痛い…』

『しゃがんで掃除すると脚がきつい…』と嫌になりますが、

 

すべては運動だと思うと

『いま腕の筋肉が鍛えられてる♪』

『カロリーどんどん消費してる~♡』

と嬉しくなります笑

 

ぜひ、今年の大掃除は楽しく、自分のペースでやってみてくださいね!!

 

【片付けでお悩みの方にオススメの記事】↓

【片付け】いつも途中で挫折してしまうとお悩みの方は、玄関から始めてみましょう!! スムーズに進むコツと手順をご紹介♪

 

 

 

Follow me!


コメントをお待ちしております♪